世界のビール【ベトナム編】日本のビールとの違い、特徴や価格まで

この世界のビール特集では、世界各国の様々なローカルビールを紹介していきます。世界のビールを知り、その国に少しでも興味を持つきっかけなると嬉しいです!

第一弾 ベトナムのローカルビール特集!

今回は東南アジアにあるベトナムのビールを紹介します。

ベトナムは南シナ海に面した縦に長い国です。首都は北側に位置するハノイ、経済の中心は、南側に位置するホーチミンとなっています。また中部には世界的に有名なビーチリゾートのダナンや、近年日本人旅行者にも大人気のホイアンもあり、見所満載な国です。

(写真は筆者JP提供)

筆者JP(藤戸淳平)もベトナムに6ヶ月ほど住んでいました。ご飯はフォーやバインミーなど日本人の口に合う料理ばかりで、とても住みやすい国でした。

写真を見てお分りいただけるように、しょっぱい料理が多く、ビールによく合います。

1 ベトナムのローカルビール

ベトナムのビールは、水のような薄い味わいが特徴です。東南アジアは暑い国が多いため全般的に薄い味わいのビールが多く、氷を入れてグビグビ飲みます。

また、ベトナムは世界一ビールが安いことでも有名ですね!どれも100円前後で購入できます。

それではベトナムのローカルビールを紹介していきます!

1-1 333(バーバーバー) 

』がベトナム語で『バー』と読むため、これでバーバーバーと読みます。コンビニやレストランなど、どこでも飲むことができるベトナム国内ではメジャーなビールです!

1-2 Saigon Beer (サイゴン ビール)

サイゴンというのは、ホーチミンの前の地名です。このビールは『サイゴンスペシャル』や『サイゴンレッド』など様々な種類があり、レストラン等で見かけます。

1-3 Bia Ha Noi(ビア ハノイ)

Bia』はベトナム語でビールを指します。直訳するとハノイビールです。

主にハノイで飲まれているビールで、少し苦味のあるビールです。

1-4 Larue(ラルー)

これは、主にベトナム国内のコンビニでよく見かけるビールです!

ベトナムのビールの中でも特に薄くさっぱりとした味わいが特徴です。

1-5 Huda (フーダ)

ベトナム中部の古都、フエで人気のビールです!

まとめ

ベトナムという1つの国だけでも、こんなにたくさんのビールが飲まれています。

さらに現在、ベトナムでもクラフトビールが流行っており、ローカルクラフトビールのお店なども続々出てきています!

気温の高い国で昼間から飲むビールは間違いなし!

次の旅行先の候補にベトナムはいかかですか?