クラフトビールとは?クラフトビールと大手ビールメーカーの違い

クラフトビール

クラフトビール』という言葉は聞いたことがあるけど、いまいち何かよく分からず、いつも大手ビールメーカーの缶ビールを飲んでるという方も多いのではないでしょうか。

今回はクラフトビールに興味を持ち、当サイトに訪問して下さったみなさんに、アトリエガタリ管理人が『クラフトビールとは何か?』を分かりやすくご紹介します。

1 クラフトビールとは

クラフトビール

『クラフトビール』という言葉を聞いたことはあるけどいつも飲んでる大手ビールメーカーと何が違うか分からないという方も多いのではないでしょうか。

実は日本では明確な定義はありません。

アメリカで定められているクラフトビールの定義は、『小規模であること』『独立していること』『伝統的な原料や製法で造っていること』とあります。

日本では定義こそされていませんが、アメリカと同じ解釈をしているところがほとんどです。

2 クラフトビールと大手ビールメーカーとの違い

クラフトビールと大手ビールメーカー(アサヒビール、キリンビール、サントリービール、サッポロビール)にはいくつか大きな違いがあります。

2-1 品質の高さ

クラフトビールでは特に品質が重視されます。

ビールづくりに必要な原材料は、『ホップ』『麦芽(モルト)』『酵母(イースト)』『水』です。原材料一つとっても地域の名産品を使用したり、外国から取り寄せたりしながら、品質向上に力を入れています。

2-2豊富な種類

ビールは、『ラガー(下面発酵)』『エール(上面発酵)』の2種類の方法で醸造されます。

ラガースタイルは、香りも穏やかで雑味のないクリアな味わいが特徴です。一方、エールスタイルは、フルーティーな香りで芳醇旨口のスタイルです。

日本の大手ビールメーカのビールは主に、ラガー(下面発酵)スタイルで醸造されています。

しかしクラフトビールはブリュワリー(醸造所)によって、ラガーで醸造したりエールで醸造したり様々です。また副原料にフルーツや地域の名産品を使用するブリュワリーも多いです。

また、エール(上面発酵)スタイルにも細かく分けると何100種にも及びます。

ビアスタイルを歴史と学ぼう!
ビアスタイルとはビールの種類のことを指し、その数は全世界で100種類を超えると言われています。どんなビアスタイルにも歴史があり、ビアスタイルを知ることで、あなただけのお気に入りの一杯を見つけることができます。一緒にお気に入りの一杯を見つける旅にでよう!

大手ビールメーカーにはない自分の好みに合った個性あふれるビールを見つけることができます。

2-3創り手のこだわりが詰まってる

クラフトビールを醸造する小規模醸造所は醸造スーペースのキャパや市場需要から年間の製造量も大手ビールメーカーに比べると少量です。

しかし、町おこしの一環でビールづくりを始めたり、規格外果物を副原料にビールづくりを始めたりと、創り手のビールへの想いが強く詰まっています。

最後に

クラフトビールには大手ビールメーカーにはない魅力があります。

クラフトビールとはなにか。ビールの知識を身につけることでまた違ったビールの楽しみ方を見つけることができるはずです。知れば知るほど奥深く、知れば知るほど美味しく感じるはずです。