The Meguro Tavern|日本で本場イギリスPubの風を

今回は、目黒駅から徒歩3分に位置する本場イギリスPub『The Meguro Tavern』オーナーのガースさんにお話を伺いました。

目黒タバーンは2020年8月末を持ちまして、閉店することになりました 。1998年8月に開店して以来22年間家族、スタッフ、そして常連の皆様と共に頑張って参りましたが、コロナの影響を受け経営継続が困難となり閉店いたします。

information

The Meguro Tavern

  • 住所 : 〒153-0064 東京都目黒区下目黒1丁目3−28 サンウッド目黒2階
  • TEL : 03-3779-0280 
  • アクセス : JR山手線【目黒駅】西口 徒歩3分東急目黒線、都営地下鉄三田線、東京メトロ南北線【目黒駅】徒歩4分

テイクアウトについてはこちら!

イベント主催に関するお問い合わせはこちら!

https://themegurotavern.com/events/

The Meguro Tavern メニューはこちら!

https://themegurotavern.com/

インタビュアーは、わたくし藤戸淳平が務めさせていただきます!

Travel Trigger craft brewing 藤戸さん


日本の魅力に惹かれて移住を決心
淳平
淳平

今日はインタビューを受けていただきありがとうございます!

早速ですが自己紹介をお願いします!

Garthさん
Garthさん

イギリス・ロンドン出身のガース(Garth)です。

わたしが初めて日本に来たのは1978年。日本に移住して30年以上経った!

淳平
淳平

僕が生まれる前から日本に住んでるんですね。現在、ガースさんがオーナーを務めているThe Meguro Tavernについて教えてください。

Garthさん
Garthさん

The Meguro Tavernは1998年にオープンしたんだ。店内は100席以上、目黒では最も大きいPubの一つ。目黒駅からお店まで歩いて3分で着くから、ふらっと立ち寄ることができるお店だよ!

淳平
淳平

駅から近いのは嬉しいですね!

1998年から20年以上Pubを経営していてお店づくりで工夫していることはありますか?

Garthさん
Garthさん

日本に移住して30年以上経つから日常会話は問題なく話せるけど、Pubではお客さんに英語で話しかけるようにしているよ!もちろん英語が難しければ日本語で話すけど、まずは本場イギリスのPubに来たような体験をしてもらいたいと思ってる!

日本の目黒で本場イギリスPub
淳平
淳平

店内もまるでイギリスを回想させるかのようなクラッシックな雰囲気があり、外国に来たような錯覚を覚えます。お仕事終わりの一杯も非日常に感じられますね!

ここからは少しガースさんの過去を遡って聞いていきます!来日する前はイギリスで何をされていたんですか?

Garthさん
Garthさん

イギリスでは色々な仕事をしていたよ。その時に貯めたお金で写真家として世界各国を旅しながら、雄大な自然や近代的な都市とかを写真に収めていたんだ。

淳平
淳平

醸造家の前は写真家だったんですね!

なぜ写真家を辞め、醸造家になり、ビールをつくろうと思ったんですか?

Garth
Garth

1998年にThe Meguro Tavernを立ち上げた後、マネージャーたちにお店を任せ、わたしは娘の教育のためにオーストラリアに約5年間住んでいたんだ。

わたしの口に合うビールが当時のオーストラリアになかったことから自分でビールづくり始めたことがきっかけかな!

淳平
淳平

日本の法律ではまだホームブリューイングが許されていないのでクラフトビールは日本人にとってまだまだ馴染みのないものですが、ガースさんにとってビールは昔から身近なものだったんですか?

Garthさん
Garthさん

イギリスでは17歳からビールが飲めるからね!リアルエールを日常的に飲んでいたよ。

オーストラリアから日本に帰ってきて、日本でもビールをつくろうと思ったんだけど製造免許を取るだけで1年間もかかったよ。

淳平
淳平

日本で製造免許を取るのは難しいですよね。

実際に醸造を始めれたのはいつ頃ですか?

Garthさん
Garthさん

実際に醸造を始めれたのは2013年!

醸造スペースを探すのも大変だったし、醸造設備を整えるだけでもかなりの期間がかかったよ。

The Meguro Tavern イチオシビール!
淳平
淳平

近年、マイクロブリュワリーが増えていることで情報も増えてはいますが、とはいえまだまだ日本でビールをつくることは簡単ではないですよね。これからさらにビールづくりが行いやすくなればいいなと思います。

それではThe Meguro Tavernのビールの紹介をお願いします!

Garthさん
Garthさん

それじゃあ、わたしの一番のお気に入りから説明するね。

これが『コロンバスIPA』。

アメリカンホップとイギリスホップを使って、苦味と甘みと香りのバランスを大切につくったイギリスでよく飲まれている代表的なIPAだよ!

コロンバスIPA(アルコール度数5%)
淳平
淳平

美味しそう!赤銅色が綺麗ですね!

アルコール度数も5%だから飲みやすそうですね。

Garthさん
Garthさん

次はThe Meguro Tavern一番人気の『カスケードIPA』。

金色で見た目はラガースタイルだけど、さっぱりとしたシトラスの香りでキッリッとした飲み口が特徴のIPAだよ。

カスケードIPA(アルコール度数5%)
淳平
淳平

The Meguro Tavern一番人気!

日本の人はライトな色をした明るいビールが馴染み深いのかもしれませんね!コロンバスIPAと比べても全然色が違いますね。

Garthさん
Garthさん

次は『レッドアボット』スタイルでいうとレッドペールエールだね。

コリアンダーを使ってるベルギービールに似てて、すっきりとしてるけど香りも甘味も強いビールだよ!

レッドアボット(アルコール度数5%)
淳平
淳平

レッドアボットは女性も飲みやすそうですね!

Garthさん
Garthさん

最後のビールは『プロパーゴールド』スタイルはペールエール 。

プロパーゴールドは苦味と甘味のバランスが取れたイギリスで最もスタンダードなペールエールで、IPAに比べるとパンチが弱いから、ずっと飲み続けられるビールだね!

イギリスのビールを飲んでみたい方は、プロパーゴールドがおすすめ!

プロパーゴールド(アルコール度数5%)
淳平
淳平

ヨーロッパの人たちはパンチの効いたビールが好きなイメージだったんですけど、そんなこともないんですか?

Garthさん<br>
Garthさん

ヨーロッパの人たちは、水の代わりにビールを飲むから強いビールよりも飲みやすいエンジョイアボーなビールを好むよ!

The Meguro Tavernではミリ(400ml)とパイント(560ml)で出してるから、ミリで4種類飲み比べて、一番気に入ったビールをパイントで飲むといいよ!

淳平
淳平

パイントまでたどり着くかな…

カウンター席もあるからThe Meguro Tavernで友達もできそうですね!

Garthさん
Garthさん

The Meguro TavernにはDJブースもあって、たまにイベントを開いたりもするからすぐにできるよ!

イベントの主催も募集してるよ!

淳平
淳平

読者の皆さんもぜひイギリスPubの雰囲気を本場のビールと一緒に楽しめるThe Meguro Tavernに足を運んでみてください!

ガースさん今日はお時間いただきありがとうございました!

Garthさん
Garthさん

こちらこそありがとう!

See you beer o’clock!