〈シュヴァルツとは?〉種類や特徴、歴史を紹介!|ビール図鑑

バナー
シュヴァルツの歴史

シュヴァルツの歴史は古く、シュヴァルツの代表的なメーカーであるケストリッツァーは、1543年テューリンゲン地方のバート・ケストリッツ村で生まれました。

『シュヴァルツ』とはドイツ語で『黒』を意味します。

アルコール度数は平均5%ほどで、ラガーのすっきりとした後味に苦味は少なく、香ばしい香りが特徴です。

黒ビールと呼ばれるスタイルは他にも『スタウト』『ポーター』とありますが、これらは上面発酵(エール)で作られていて、『シュヴァルツ』は下面発酵(ラガー)で作られていることが他の黒ビールとの最大の違いです。

日本で飲まれているビールの多くは、下面発酵(ラガー)で作られているので、シュヴァルツビールは日本人にも親しみやすクラフトビールです。