サンクトガーレン、飲むシュトーレンのようなビール「ウィンターフルーツタルトエール」2020年11月26日発売。神奈川の樹上完熟いちじく使用

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は“あしがらいちじく”を使用したデザートビール「ウィンターフルーツタルトエール」を2020年11月26日(木)より冬季限定で発売します。
https://www.sanktgallenbrewery.com/winter-fruit-tart-ale/

カラメル麦芽を使った香ばしい琥珀色のビールは、ジンジャーとシナモンを効かせてジンジャーブレッドのような味わいに。そこに完熟いちじくのジャムのような濃厚な甘さと、りんごの爽やかな酸味をプラスしています。

フルーツをぎっしり詰めて焼き上げた、タルトケーキのような味わいをイメージしたビールです。
甘さとスパイシーさが絡み合った複雑な味わいで、実際に飲んだ方からは “飲むシュトーレンのような味” “ケーキのビールだ…” “ジンジャークッキーを液体にしたような味”などの感想を頂いています。

  •  「あしがらいちじく」訳あり品を活用

神奈川県足柄地区はサンクトガーレンが春夏限定で製造しているオレンジのフルーツビール「湘南ゴールド」の産地のひとつです。その縁で「あしがらいちじく」と出会い、このビールを開発しました。

いちじくの果実は柔らかく大変傷みやすいため、若い状態で流通しているものがあります。
でもいちじくはメロンなどと違い、収穫後に甘く(追熟)なることはありません。神奈川県は大消費地である東京に近いため流通中に果実が傷むリスクが低く、樹上で完熟した朝採り果実をその日に出荷することが出来ます。完熟したいちじくの果肉は、ねっとり柔らかく優しい甘味が楽しめ、若もぎされたものとは一線を画す美味しさです。

このビールには雨風の影響等で傷ついた“訳あり”いちじくを約110kgを活用しています。

  • りんご、ジンジャー、シナモンで味に奥行きとアクセント

このビールにはいちじくの他に、りんご、生姜、シナモンを使用しています。
りんごの爽やかな酸味はいちじくの甘さと相性が良く、味に奥行きを与えています。

りんごは長野県伊那市産

りんごは長野県伊那市産

りんごは軽く焼いてから使用

りんごは軽く焼いてから使用
焼き菓子のような香ばしい風味を出すため、ベースのビールには軽く焦がしたカラメル麦芽を特徴的に使用。少量の生姜とシナモンがスパイシーなアクセントになっています。

アクセントに加えた生姜

アクセントに加えた生姜

アクセントに加えたシナモン

アクセントに加えたシナモン


欧米ではスパイスを効かせた琥珀色のビールをクリスマス限定ビールとして製造している会社が多くあります。

このビールはそんなクリスマスビールもイメージしています。ネットショップでは、クリスマスギフトシールも無料でご用意しており、クリスマスの贈り物にもお薦めです。