群馬・八ッ場ダム建設で新天地へ移った「川原湯温泉」にオリジナルクラフトビールの醸造所を作りたい!

有限会社イノーバー・ジャパン(本社:東京都台東区 代表取締役:吉田 瞳 以下、イノーバー・ジャパン)は、2020年10月1日より、クラフトドリンクのためのクラウドファンディングプラットフォーム「ふぁんドリ」にて、群馬県長野原町川原湯温泉でクラフトビール醸造所を作るクラウドファンディングプロジェクトを開始いたします。

<八ッ場ダム計画に触れる>
イノ―バー・ジャパンは、2020年8月より川原湯温泉あそびの基地NOAにある「笹湯」という温泉施設、「笹湯カフェ」、「川原湯温泉駅キャンプ場」を運営することが決まり、国交省管轄の八ッ場ダム案件に関わることとなりました。ダム建設は70年以上前から計画があり、利根川の主要な支流のひとつ・吾妻川の先である川原湯に建設することで、計画当初から関東特に東京の水源確保のために使われることが予定されていました。

<川原湯温泉との出会い>
キャンプ場施設の設計、開業計画の打ち合わせなどで2018年より川原湯の方々とお会いしてお話しすることとなり、街の方のあたたかさや人柄に触れることで、故郷でもない、地元でもない地ですが、強い思い入れを持つようになりました。

ダム建設のために先祖伝来の土地、大事な故郷がダム底へ沈んでしまうことについて当初は反対の声も多かったとのことですが、最終的に「関東の水源確保のために…」と代替地への移転を決定されました。その苦渋の決断ははかりしえないことです…。でもお会いした川原湯の方々はそのようなことは微塵も感じさせず、新たな土地での生活の基盤を作られています。

日々水道の蛇口をひねると安定的な水が供給されることが何かの、誰かの犠牲の上にあることを改めて痛感し、このことを広めなければ!という思いに駆られました。

<当たり前じゃない>
この事実を世の中のよりたくさんの方に知っていただきたい。毎朝何気なく洗顔するときに蛇口をひねると当たり前に水道水が出てきます。ただ、これは「当たり前」ではないことを伝えたいのです。

川原湯の方々の大きな決断が私たちの当たり前を作ってくれている、このことをより身近に感じてもらうため、イノ―バー・ジャパンにどんなことができるか向き合ってきました。

<弊社にできることは何か…>
イノ―バー・ジャパンは、東京都台東区で「谷中ビアホール」を経営しています。ビアホールの運営経験から、イノ―バー・ジャパンならではの提案で、川原湯温泉の名前や街の決断について知ってもらうにはどのようなことができるか…。オリジナルクラフトビールを作り、「谷中ビアホール」で提供することで訪れる皆様にビールが作られた背景を伝え、召し上がってもらうというのはどうだろうか。

さらに現地に醸造所を作ることでビールに興味ある方が川原湯温泉へ行く新たな目的を作りたい。ビールがきっかけとなり、川原湯温泉の名前を全国に知らせたい。こう考えるようになりました。

■谷中ビアホール


東京都台東区上野桜木、昭和13年に建てられた築80年を超える古民家を改装し、2015年に「上野桜木あたり」という複合商業施設ができました。その1号棟に位置するのが私たちの運営する「谷中ビアホール」です。ここでしか飲むことのできない「谷中ビール」は古民家をイメージし森林浴を感じられる香りと谷中に沈む夕陽の色をイメージし茶褐色をしたクラフトビールです。谷中ビールは全4種、爽快感や華やかな香り、ホップの苦味を感じられるものを取り揃えています。

この全てを企画し、日々ビールを供給しているのは、「アウグスビール」です。「アウグスビール」のオリジナル4種を加え常時8種類のクラフトビールを提供し続け、さらに旬の食材を使ってその場で作る期間限定フレーバービールなど、ビールの美味しさと楽しさを古民家で味わうことができるサービスを提供しています。

今回、川原湯温泉に企画するオリジナルビールも「アウグスビール」と共同で開発し、あの地で飲むのにふさわしい味や色、コンセプトを提案したいと考えています。

■​オリジナルビール、醸造所のイメージ

醸造所は「川原湯温泉あそびの基地NOA」内に建設したいと考えています。笹湯・笹湯カフェ・川原湯温泉駅キャンプ場に続く次の管理施設となりますが、川原湯温泉街全体で盛り上げるため「川原湯温泉駅醸造舎」と命名し、醸造管理を中心に行います。この地のさらなる魅力となることを強く願って…。

■調達資金の使途、スケジュール
皆様からご支援いただいた資金は醸造機器設備(醸造タンク、製品タンク等)、醸造所工事にかかる費用に使用させていただきます。醸造タンクの選定・手配はアウグスビールに全面的にご協力いただき、実際の醸造は「川原湯温泉駅醸造舎」が企画し行っていきます。

今後のスケジュールについては、クラウドファンディング終了後12月に醸造設備の最終選定、年明けまでに設備発注、3月設備受領、3月〜5月に建設工事・完成後醸造免許申請、6月〜7月免許取得後試験運用、8月開業を予定し、その後本格生産を開始いたします。

■クラウドファンディング概要
開始日:2020年10月1日(木)~2020年11月29日(日)
目標金額:12,000,000円
プロジェクト方式:All or Nothing
お申込み・詳細は「ふぁんドリ」プロジェクトページ:https://www.fun-dri.jp/projects/kawarayuonseneki-jouzousha

■プロジェクトオーナー
社名:有限会社イノ―バー・ジャパン
所在地:東京都台東区上野桜木2丁目15番6号1号棟
Facebook:https://www.facebook.com/yanakabeerhall
Instagram:https://www.instagram.com/yanakabeerhall/
Twitter:https://twitter.com/YANAKA_BEERHALL

■クラウドファンディング運営サイト「ふぁんドリ」
社名:株式会社ふぁんドリ
所在地:東京都中央区日本橋兜町17-2
会社HP:https://www.fun-dri.com/
クラウドファンディングサイト:https://www.fun-dri.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/fundri.corporation/
Instagram:https://www.instagram.com/fundri.corporation/
Twitter:https://twitter.com/fundri_corp