【お家でビールづくり】ホームブリューイングのやり方 Vol.2

はじめに、日本の法律では製造免許無しにアルコール度数1%以上のものを生成することは禁じられています。もしお家でビールを作る際は、必ず正しいやり方に則ってやりましょう。

〈家庭でビールをつくる〉ホームブリューイング解禁へ!

 日本では製造免許を持たずして1%以上のアルコール飲料をつくると法律により罰せられます。アメリカではホームブリューワー、つまり自宅内でビールをつくる人が100万人以上もいるそうです。この日本とは比べ物にならないブリューワーのパイがアメリカのクラフトビール業界発展を促進してきました。

そんな日本の現状を変えようと、伊勢角屋麦酒の社長、鈴木さんが『日本ホームブルワーズ協会』を2019年に新設しました。

日本ホームブズワーズ協会 | ビール | 酒造
日本ホームブルワーズ協会 | ビール | 酒造 当協会は、家庭でのビール醸造、いわゆるホームブルーイングが日本において可能となるようホームブルーイング特区の実現と、特区設立後のホームブルーイングの健全な発展に資することを目的とし設立されました。また、特区の設立は日本全国を視野に、拡大させていくことを目標としています。
Let’s ホームブリューイング!

※ Vol.2は前回からの続きの記事です。Vol.1ではキットのセット内容の紹介から仕込みのやり方までを紹介しています。

瓶詰めから2次発酵

1次発酵が約1週間ほどで終わり、2次発酵に移ります。

〈 用意するもの 〉

  • ビール瓶
  • 王冠
  • スティックシュガー
  • 消毒液
  • 打栓器

まずは、ビール瓶の中にスティックシュガーを入れていきます。1次発酵で入れた酵母がさらに砂糖を分解します。

またこのホームブリューイングのいいところは、生きた酵母をビールと一緒に飲めることです。元々ビールは水が飲めない地域で健康飲料として飲まれていました。しかし現在は鮮度管理が難しいことから、多くのビールはこの酵母をフィルターで濾して販売しています。

スティックシュガーの量は以下の通りです。

  • 大瓶···4~5g
  • 中瓶···3~4g
  • 小瓶···2~3g

こっからは瓶詰めです!

王冠と打栓器を使用して、蓋をします。意外と簡単で楽しいです!

18度から26度の日の当たらない場所に3日間から7日間置き、砂糖を発酵させます。

さらに3週間から4週間ほど冷暗所に置き、熟成させたら完成です!

まとめ

いかかでしたか?意外とビールづくりの工程はシンプルです。

素人の僕でも美味しく作ることができました!

ぜひ最初はビールキットを使って自分だけのビールをつくり、身近な人にプレゼントしてみてください!

ビールキットはこちら!

岡崎の愉快な手作りキット工房 アウベルクラフト
ようこそ、アウベルクラフトへ! このサイトはアウベルクラフトオリジナルの手作りキットをみなさんに直接販売しています。さああなたも一緒に楽しみましょう!