HANEDA SKY BREWING|クラフトビールをツールに大田区の魅力を発信!

本日の創り手は大屋幸子さん。
大田区唯一のビール工場の直営店「羽田バル」の店長を歴任。現在、羽田空港至近の天空橋直結、羽田イノベーションシティ内にあるHANEDA SKY BREWINGの運営。クラフトビールをツールに幅広く大田区の魅力の発信を行う。HANEDA SKY BREWINGオープンに至る経緯から今後の展望まで取材させていただきました。インタビュアーは、わたくし藤戸淳平が務めさせていただきます!

スタッフ

information

HANEDA SKY BREWING

住所:東京都大田区羽田空港1-1-4 羽田イノベーションシティ 2F
TEL:03-5579-7350
営業時間:月~金、祝前日: 08:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30) 土、日、祝日: 11:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
定休日:不定休
アクセス:京急電鉄天空橋駅直結
Facebook:https://m.facebook.com/hanedaskybrewing/

地方創生?いや、地元創生
淳平
淳平

2020年7月に羽田空港至近の天空橋直結、羽田イノベーションシティ内にOPENしたHANEDA SKY BREWINGを運営されているということで、そこに至るまでの経緯を教えてください!

大屋さん
大屋さん

2017年に大田区唯一のビール工場の生ビールを取り扱う直営店として大田区蒲田でスタートした「羽田バル」の店長をしていました。

羽田バルでは主に営業販促を担当していて、色々な業種の方と大田区を盛り上げるためのコラボをさせてもらう中で、自社のブランドを強めることよりも、一緒に手を取り合い大田区のビールとして盛り上げたいと思うようになりました。

実は大田区は都内で1番お風呂屋さんが多い街なんです。

そこで、黒湯が出る強みを活かし、「黒湯ビール」「銭湯ビール」をつくったり、大田区ののバスケットボールチームとコラボして「ヴィッキーズビール」「Zビール」などもつくりました。

次に取りかかったのはビールのラベルとビールの原料です。

ラベルは大田区の印刷会社(光写真印刷株式会社)さんにお願いしてつくってもらいました。

主原料の麦の一部を大森産、ホップも山王産をつかい、ラベルデザインは奥山睦先生監修の元、大森貝塚ビールをつくりました。

淳平
淳平

大田区の魅力を発信するために事業を進めてこられたのですね!

大屋さん
大屋さん

本当にこれまで人が人を呼び、繋がったご縁からわたし達の事業が少しづつ形成され、その流れで今回日本空港ビルディングさんからお声かけいただき、羽田空港至近の羽田イノベーションシティという好立地に醸造所併設したレストラン「HANEDA SKY BREWING 」をOPENすることができました!

淳平
淳平

地方創生というよりも地元創世ですね!

大屋さん
大屋さん

まさしくそうですね!

HANEDA SKY BREWING 」ではビールを提供しているグラスも「蒲田切子」をつかっていて、ビールをより美味しく飲むことができます!

HANEDA SKY BREWINGはものづくりの街、大田区の良いものをビールと一緒に発信するアンテナショップでありたいと思っています。

今後、古物商をとり大田区のいいものをお土産に購入できるようにしたり、障害者雇用も進めていきたいと計画しています!

一人よりみんなと成すこと
淳平
淳平

大田区のいいところを6次産業化するようなプロデュースもおもしろいですね!

障害者雇用のお話がありましたが、どのような想いから始められたのですか?

大屋さん
大屋さん

そこにはわたしの複雑な生い立ちが大きく関係しているんです。

母子家庭だったこともあり高校生の時から自活(衣食住全て自分で賄う)をしていて、自分のために生きてきた人間だったのですが、社会に出て誰かと何かを成すことに充実感を感じるようになったんですよね。

一緒に仕事をしていて大変なことも多いけどとても充実しています!

淳平
淳平

早くいきたいなら一人で、遠くにいきたいならみんなで行く、ですね!

大屋さん
大屋さん

お客さんがいて初めて成り立つので、社員のみんなには、わたしからお給料としてお金が出ているわけではなく、商品をご購入してくださるお客さんがいるから事業が成り立っているんだよ、と伝えています!

地域の方とコラボするときも、コラボする相手にとってプラスになるよう考えています。

ブルワリーのビジネスモデル上、瓶ビールよりも生ビールで卸したほうが利幅も大きいことは同業の方なら周知の事実です。しかし、瓶ビールのラベルの広告効果はとても大きく、コラボする相手にとっても広告媒体になると考え、瓶ビールをつくっています。それがわたし達のやりがいにも繋がっています!

淳平
淳平

なるほど!

自分をビールで表現していないことが逆に色々な人との縁を結んでいるのかもしれませんね!

大屋さん
大屋さん

一人で欲張るより、みんなと頑張るほうが会社にも大田区にとってもシナジーが生まれて、結果的にお金や人にいい循環をもたらしてくれると思うんですよね!

淳平
淳平

ギバー(与える人)の周りにはギバーが集まり、いい循環が生まれるんですね!

なにがそこまで大屋さんを突き動かすんでしょうか?

大屋さん
大屋さん

3人の子ども達の存在はとても大きいです!

自分自身貧乏も経験してきたので、貧しさに恐怖はないのですが、子ども達に恥ずかしくない事業体にしようというのは発足時から思っていることです!

HANEDA SKY BREWING
淳平
淳平

お子さんの存在は大きいものがありますね!

そんな大屋さんが運営しているHANEDA SKY BREWINGはどのようなお店ですか?

大屋さん
大屋さん

HANEDA SKY BREWINGはビール醸造所併設レストランですが、クラフトビール以外にも日本酒やカクテルなど幅広くお酒を提供していて、色んな人が楽しめる場を目指しています!

大手のビールには大手の良さがあり、マイクロブルワリーには「時代に逆行」しながら色々な取り組みが出来る小規模の強みを活かしていきたいですね!

淳平
淳平

クラフトビールのみならず、多方面から大田区を発信しているんですね!

HANEDA SKY BREWINGのレギュラービールの紹介をお願いします!

大屋さん
大屋さん

HANEDA SKY BREWINGのレギュラーになっているのが「天空IPA」です!

アルコール度数は6%でIPAらしい、しっかりとした香りと苦味が特徴ですが、すっきり仕上げた飲みやすいIPAです!

フードと合わせてもとても美味しいです!

その他にもHANEDA SKY BREWINGでは都内のブルワリーのビールも多く取り扱っています。

今後の展望
淳平
淳平

店内もとてもおしゃれでついつい長居してしまいそうになる雰囲気です!

最後の質問になりますが、大屋さんの今後の展望をお聞かせください!

大屋さん
大屋さん

国内、国外問わず1日何万人と利用する羽田空港の近くにあるので、クラフトビールをよく飲む人はもちろん、クラフトビールビギナーの方にもHANEDA SKY BREWINGをきっかけにクラフトビールに興味を持ってもらいたいです!

また、大田区のアンテナショップとして大田区のいいところもどんどん発信していきたいと思っています!