ディレイラ ブリュー ワークス|道を外す者=生き方を自分で選ぶ者

今回インタビューに伺った創り手は、かつて暴動が起きたことでも有名な大阪府の西成でビールをつくる伊藤さんです。

information

ディレイラ ブリュー ワークス

〒557-0016 大阪市西成区花園北2-15-30

TEL 06-6575-9067

HP:https://derailleurbrewworks.com/

直営店 アビタイユモン


〒557-0016 大阪市 西成区花園北2-12-28

06-6630-8785

Facebookページ:https://www.facebook.com/ravitaillement/

インタビュアーは、わたくし藤戸淳平が務めさせていただきます!

ディレイラブリューワークス(Derailleur Brew Works
淳平
淳平

今回の創り手インタビュー企画では、大阪府西成に醸造所とビアバーを展開しているディレイラブリューワークス(Derailleur Brew Works)の醸造担当、伊藤さんにインタビューしていきます!

伊藤さん本日はよろしくお願いします!

伊藤さん
伊藤さん

こちらこそよろしくお願いします!

淳平
淳平

それでは自己紹介とブルワリー紹介をお願いします!

伊藤さん
伊藤さん

ディレイラブリューワークス醸造担当の伊藤将広です。

ディレイラブリューワークスはもともと介護医療事業、就労支援事業を行う株式会社シクロの新規事業として立ち上がりました。

西成ライオットエールをつくったきっかけも就労支援にあり、利用者の方には醸造所やディレイラブリューワークスの直営店、アビタイユモンでもお仕事をしていただいています。

淳平
淳平

ディレイラブリューワークスは大阪府西成で就労支援事業として始まったんですね!

伊藤さん
伊藤さん

そうなんです!

生活保護を受けている人たちの仕事内容は、内職をはじめとした単純作業が多かったことが原因で利用者の方も長くお仕事が続かないこともあったのですが、ビールに携わるお仕事は高いモチベーションで取り組む利用者さんも多いです。みなさんビールが好きなので。

ブルワー伊藤さんの生い立ち
淳平
淳平

ビールが好きな人たちへビールに携われる仕事を生み出されたんですね!

横浜出身の伊藤さんがそのようなディープな西成に辿り着いた経緯が気になります!

学生時代はどこで過ごされたんですか?

伊藤さん
伊藤さん

高校卒業までは横浜で過ごしました!

学生時代は、野球をやったりアメフトをやったりとアクティブな学生生活を送っていました。

もともと食品に興味があったので大学は東京農業大学のお酒や発酵食品などを主な学問として学ぶ醸造科学部に進学しました。

醸造科学部ということもあり、ビールづくりの工程も大学で学んでいました!

淳平
淳平

すでに大学で醸造を学ばれていたんですね!

大学卒業後はどういった進路を進まれたんですか?

伊藤さん
伊藤さん

醸造科学部で大学院まで進み、卒業後はアニメーション制作会社に就職、東京で2年間勤め現在に至ります。

淳平
淳平

クラフトビールとの出会いはどこにありましたか?

伊藤さん
伊藤さん

下北沢にあるBeer Barうしとらに大学の友人がバイトをしていたことがクラフトビールを知ったきっかけでした。

Beer Barうしとらで初めてクラフトビールを飲んだ時のフランクな空気感が居心地がよく、自分のつくったビールでこの空気感をつくり出したいと思うようになり、ブルワーを志すようになりました。

ブルワーになるために醸造所を探していた中、ディレイラブリューワークスを見つけ、ラベルの物語や就労支援など新しいことに取り組んでいたことに興味を持ち応募しました。

淳平
淳平

そういった経緯だったんですね!

設備もかなり大きい印象ですが、ビールづくりで気をつけていることなどありますか?

伊藤さん
伊藤さん

やっぱり衛生面ですね。特にタンクの殺菌作業に力を入れてます。

ブルワー二人で回してるので大変ではあるのですが、衛生管理は美味しいビールづくりに欠かせないことですね。

ラベルに込めたSTORY
淳平
淳平

ディレイラブリューワークスのビールのラベルには、一つ一つ物語がありとても面白いですよね!

現在醸造されているビールのご紹介をお願いします。

伊藤さん
伊藤さん

一つ目はレギュラーでつくっている「西成ライオットエール」です。

スタイルはアメリカンペールエールですが、麦芽の香ばしい風味が引き立ち、すっきりとした飲み口のビールです。

伊藤さん
伊藤さん

二つ目は原材料にアイリッシュモスをつかった香りとコクに特徴がある「けものみち」です。

このように一つ一つに語れる物語があります。

これからのこと…
淳平
淳平

物語がとても素敵ですね!

それではディレイラブリューワークスの今後の展望を聞かせてください!

伊藤さん
伊藤さん

ディレイラブリューワークスではラベルにも力を入れているので今後はボトルだけではなく缶の展開もしていきたいと考えています。

ボトルよりも缶の方がラベルのデザインが映えますし、流通面でもより効率的に運送が可能になるのでこれから醸造量を増やし全国に広めていきたいと思っています。

ぼく個人としては醸造家としての腕をさらに磨き、ライオットエールといえば「伊藤がつくったビール」といってもらえるように極めていきます。

淳平
淳平

伊藤さんのこれからのご活躍を応援しています。

本日はお忙しい中ありがとうございました!