【クラフトビール】今は札幌でしか飲めない「澄川麦酒」を全国の皆さまにお届けしたい

「澄川麦酒」を全国の飲み手に届けたい

日本ビアジャーナリスト協会の「2019年 あなたが推したいブルワリーはどこ?」で9位に選ばれた注目のブリュワリー”澄川麦酒”のクラウドファンディングプロジェクト!

澄川麦酒醸造所は、札幌の南の郊外「澄川」でひと仕込み70リットルで年間10キロリットルを醸造するナノブリュワリーです。

日本ビアジャーナリスト協会の「2019年 あなたが推したいブルワリーはどこ?」で9位をきっかけに、全国各地から瓶ビールの購入を要望する声が増えたと言います。

しかし、現在の醸造所のキャパでは全ての要望に応えることができないと判断し、醸造量を上げるべく醸造所を移転することに決めました。

今回のクラウドファンディングでは醸造所の移転費用の一部を募っています。

澄川麦酒の歴史

代表の齋藤泰洋さんがビアバーを開業したのが2011年。クラフトビールブームに突入すると人気がある醸造所の限定ビールは瞬く間に売り切れ、手に入らなくなりました。「手に入らないなら自分で作ればいいのでは?」という、ある意味無謀な発想から、2017年9月に澄川麦酒醸造所は設立されました。

残り13日を残して購入額なんと260万越え!大注目のプロジェクトをぜひお見逃しなく!

Makuake|【クラフトビール】今は札幌でしか飲めない「澄川麦酒」を全国の皆さまにお届けしたい|Makuake(マクアケ)
はじめまして! 今回、このプロジェクトで初めてお目にかかる皆さま、はじめまして!。 札幌市は南の郊外「澄川」と言う街でビールを醸造しております、澄川麦酒醸造所と申します。どうぞよろしくお願いいたします。 このプロジェクトは、これまで、一部を除き札幌の直営店でしか飲むことができなかった「澄川麦酒」を全国にお届けする...