ビール腹を予防、解消するためにできること!原因から見る効率的な解消法

「ビールは太りやすい」と聞いたことがある方は多いでしょう。ビールを飲み過ぎると事実として太りやすくなりますが、そのメカニズムを知ることで改善することができます。ビール腹を気にして会社の飲み会や自宅での晩餐を楽しめないのはストレスになりますよね。ビール腹に悩まれてる方もそうでない方も、できることから解消、予防していくことがポイントです。

ビール腹とは

ビール好きのおじさんのぽっちゃりお腹というイメージが世間に定着しています。20代の頃はビールを飲んでもお腹は出なかったのに、30代になってから気になり始めたという方も多いです。これは歳を重ねることによる筋肉量の低下も関係していますが、あきらめるのはまだ早いです!ビール腹の原因を知り効果的な運動をすることで解消することができます。

ビール腹の正体はあれだった!

高カロリーなイメージがあるビールですが、実際他の炭酸飲料と比べるとどのくらいのkcaがあるのか、100mlあたりのカロリーで比較してみました。

  • 100mlのビールで40kca
  • 100mlのコーラで45kca
  • 100mlのサイダーで41kca

びっくりなことに、ビールよりも同じ炭酸飲料のコーラやサイダーのがkcaが高いことがわかります。

次は主にビールと一緒に体に入る食べ物のkcaを見てみましょう。

  • 100gの唐揚げで290kca
  • 100gのフライドポテト240kca
  • 二人前の枝豆120kca

上記の比較で分かるように、実はビール腹の正体はビールそのもののkcaではなく、ビールと一緒に体に入るおつまみだったのです。おつまみには揚げ物や塩気の多いものが多く高カロリーなものが多いです。ビールを飲むときは一緒に食べるおつまみのカロリーに気をつけることがポイントです。

ビール腹を予防するため

ビール腹を予防するために高カロリーなおつまみを避けることがポイントです。おつまみには、揚げ物や塩気の多いものが多いのでなるべく摂らないよう心がけ、低カロリーなおつまみを選びましょう。また日頃から適度な運動を行うことで効果的に予防することができます。

ビール腹を改善するため

効率よく解消する方法は、筋トレや短距離走といった無酸素運動とジョギングやサイクリングといった有酸素運動を組み合わせることです。

無酸素運動をすることで脂肪が燃焼されやすくなり、その後脂肪をエネルギー源として消費する有酸素運動をすることで効率的に脂肪を燃焼することができます。

  • スクワット30回
  • 腹筋30回
  • 腕立て伏せ30回
    • ランニング30分

合間に合間にインターバル(小休憩)を挟み、自分のペースで継続して行うことが大事です。

まとめ

いかがでしたか?、高カロリーなおつまみを控えたり、運動をすることでビール腹を予防、解消することができますが、一番大切なポイントは、自分のペースで継続して行うことです。

ぜひ、試してみてください!