アトリエガタリYouTubeチャンネル始動!

アトリエガタリYouTube

アトリエガタリは「創り手の想いを届ける場」を目指し、全国各地にあるブリュワリーを巡り創り手の皆さんにインタビュー取材を行い、創り手の想いをブログで発信してきました。インタビュー取材では普段表に出ることのない、創り手のビールへの想いで溢れていました。

LaFusion菜na 藤井さん

しかしインタビュー取材を行う中でわたし達はブログ発信の限界を感じていました。

インタビュー時の、一言一言紡がれる言葉や表情、文章だけでは伝えきることのできない創り手の人柄をどうしても飲み手の皆さんに届けたい、そう思うようになりました。

そしてこの度、インタビューする側のわたし達と同じ臨場感を感じながら「創り手の想いに触れる」ために、ブログ発信と同時にYouTubeの動画配信を行うことにしました。

YouTube配信ではインタビュー取材の様子、醸造所や直営店の紹介を行なっていきます。文章では伝えきるこのできなかった、創り手の人柄をより感じていただけると思います。

今後はブログとYouTubeの二台体制でお届けいたします。YouTubeの方もチャンネル登録よろしくお願いします。

記念すべき1本目

記念すべき1本目ではアトリエガタリの運営メンバー、そーじとJPの自己紹介とアトリエガタリを始めた想いを語りました。ぜひご覧ください!

【自己紹介】生産者の想いを伝える!「アトリエガタリ」ってどんなの?
最後に

そーじとJPは10代で世界各国を回り、日本では出会うことのなかった光景に幾度となく立ち会ってきました。

自国の政治に不満を募らせ過激になる国民、飢餓に苦しみ明日も約束されない子供たち、生活用水が流れ込んだ真っ黒な川、排気ガス汚染が深刻な街。

日本とは正反対の環境にそれまで考えもしなかった「平和とは」の問いに幾度となく考えさせられました。そしてわたし達が旅する中で出した答えの一つがアトリエガタリでした。

みなさんハチドリの滴という物語をご存知ですか?

火災で山が燃える中、ハチドリは一生懸命水を運び消化活動に励みましたが、他の動物は「そんな少量の水で火は消えない!なんの意味がある!」と言いました。それでもハチドリは火を消すために自分たちにできることを続けたのです。

ハチドリの滴ではないですが、自分たちが持つ平和像に少しでも近づくために、それがどんなに小さな力だとしても自分たちにできることを続けていきます。