私たちの想い

『アトリエガタリ』きっかけ。

18歳の時、初めて日本を飛び出してはや2年が経ちました。
海を渡り世界を旅し、日本を外から見て色んな景色に出逢い色んな生き方をしている人たちに出逢ってきました。
自国の政治に不満を募らせ過激になる国民、飢餓に苦しみ明日も約束されない子供たち、生活用水が流れ込んだ真っ黒な川、排気ガス汚染が深刻な街。
世界各国を旅する中で平和とはなんなんだろうと自分に問うことが幾度もありました。
そんな旅中で訪れたアフリカ大陸で生きてく上で大切なことを教えてもらいました。
近所付き合いを大切にし、信用の上に成り立つぶつぶつ交換。

生活環境が過酷な分、みんなで助け合い困ったときはお互い様の精神。
毎日を笑顔で過ごし、人と人との心の距離が近いこの大陸に私は希望を感じました。

私たちがお届けします。


そして旅中で感じた『平和とは何なんだろう』の問いに自分なりに解を出す事ができました。
それは『人の想いに馳せる』ことです。
世界各国を旅して現地の人と触れ合う中で、残酷な歴史を知り、お金が人間の嫉妬を生み、劣等感を創り出し本来あるべき姿を拗らせ、争い、破壊を生んでいると感じました。
少しでも平和な世の中を創るためにはお金よりも大切なものに気づくことが大切になってくる。
僕はそれこそが『人の想いに馳せる』ことだと信じています。
人が生きて行く上で一番欠かす事のできないモノとモノのやり取りで顔の見える関係性を創りなおしたい。
それができればきっと、もっと生きやすい社会を創る事ができると信じています。

Why Craft Beer ?

クラフトビールが大好きだからです。 素敵な想いが背景にあるプロダクトはアパレルや農産物など千差万別ですが、 自分が大好きなクラフトビールを通じて、創り手も飲み手も、素敵な想いで繋がった方々と美味しいビールを飲み、エンジョイアボーな時間を過ごしたいというのが根本にある私たちの想いです。

アトリエガタリでは国内クラフトビール醸造所へ直接足を運び、生産に至る背景、ビール造りへのこだわりなど、創り手の想いに触れる機会を皆さんにお届けします。