【 祝!100 POST 】アトリエガタリ

いつもアトリエガタリの記事を読んでいただきありがとうございます!
当サイト管理人、SOJIです。

Twitter→https://twitter.com/soji_nishibara
Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100012450224694

タイトルにもありますが、累計記事数が100POSTに届きました!
100POSTは個人的に一つの目標としていたので100投稿まで記事を書いてきたことにジーンときています笑

アトリエガタリは、「創り手の想いを飲み手に届けるメディア」として2020年1月に開設しました。

アトリエガタリ開設のきっかけについて↓

開設当初、ブルワリーに取材アポを取ろうとしても、誰なのかも分からない僕に連絡をくれる人はそういませんでした。
そんな中、インタビュー取材を快諾して下さった第一号の創り手は、横濱金沢ブルワリー/LaFusion菜naのオーナー兼、醸造家の藤井さんでした。

LaFusion菜na 藤井さん

藤井さんのインタビュー記事はこちら!

藤井さんが語る、料理とお酒の融合。
藤井さんのつくる創作料理はまさに芸術。
藤井さんとの出会いがきっかけになり、素敵な想いを持ったブルワリー探しを諦めずに続けることができました。
この記事を読んでる方にも本当におすすめしたい一店です!

アトリエガタリはこれまで、僕が一人で立ち上げ一人でインタビューして編集していました。
一人ではどうしても限界があり、スピードに悩んでいたとき、ちょうど数年前からの友人がアトリエガタリのインタビュアーとしてジョインしてくれることになりました。
それからというもの、全国各地にインタビューに出向き、今では25箇所以上のブルワリーにインタビューしてきました。

これからもどんどんインタビューして、飲み手に届けていきたいと思いますのでご興味あるブルワリーさんがいらっしゃいましたらご紹介していただけるととても嬉しいです。

ブルワリーが25箇所あれば25通りの想いがあり、その想いと一緒にビールを味わってきて感じたことがあります。

それは「物語が物づくりをつくる」です。

僕はこれまでインタビューを通してビールづくりの裏にある、素敵な物語にたくさん出会ってきました。
物語が違うとビアスタイルが変わり、原材料も変わり、それぞれ全く異なるテイストに仕上がります。
どの機械でつくるとか、どの材料で仕込むとかではなく、本質にあるのはブルワーが持っている物語。つまり想いなんだろうと感じました。

物づくりをつくっているのは物語。

この物語に触れて飲むビールはやっぱり格別に美味しく感じます。今後はインタビュー先のビールを物語をセットでお届けする通信販売も考えていて、年内にリリースできたら最高だなと思っています。

これからも全国600以上あると言われるブルワリーにインタビューして物語を皆さんにお届けしますので応援よろしくお願いします!